仕事とか

【公認会計士】なって後悔?現実はつらい?デメリット8選を解説

こんにちは、お茶くま(@ochakuma4)です。

今回は公認会計士のデメリットというまさかのテーマで投稿していきたいと思います。

当ブログの管理人もこの道を目指して頑張った過去がありますが、いざなってみると当初は予想できなかったデメリットが見えてきました。

なので、実際に公認会計士になってみて分かったデメリットを解説していきたいと思います。

群衆
群衆
公認会計士のデメリットを教えろください
管理人お茶くま
管理人お茶くま
わかりました

ちなみに動画でも同じ内容投稿してるのでよければ合わせてどうぞ。

光の裏には闇もある、公認会計士のデメリット8選

man standing on hill during full moon

タイトルの光とか闇とかは謎ですが、公認会計士になったら人生安泰でもなんでもなく、むしろハードな側面も出てきます。

ということで8個選びました。多いな。

・そもそも国家試験に合格する必要がある
・特に近年は公認会計士の登録までに割と時間がかかる
・ゴールデンウイークがない
・健康を犠牲にするタイプの労働が必要(残業が多い)
・株への投資に制限がある
・人によっては監査の仕事がつまらない
・一生勉強する必要がある
・お金がかかる

そもそも国家試験に合格する必要がある

本, ページ, 開いた本, 読み取り, 読書, 知識, 教育, レジャー, 趣味, 本の虫, 章, 文学

まず1つ目のデメリット、というか、そもそもの話になりますが、公認会計士になるには1次試験(短答式試験)、2次試験(論文式試験)、3次試験(修了考査)、と合格する必要があります。

3次試験(修了考査)はいったん置いとくとしても、1次試験(短答式試験)と2次試験(論文式試験)を突破するのがクッソハードです。

ハードというか、割と人生かけて勉強する必要があるので、その覚悟とリスクと、あとお金もいるのでデメリットの1つ目となりました。

多分ですが、10000時間くらいの勉強時間が必要です。

【公認会計士】合格に必要な勉強時間は10000時間【大学生の方が社会人より有利】こんにちは、お茶くまです。 今日は公認会計士試験に合格するには勉強時間はどれくらい必要か?という内容で投稿していきたいと思います。...

特に近年は公認会計士の登録までに割と時間がかかる

時間, 仕事, クロック, コーヒー, 計画, ホーム, オフィス, 書き込み, デスク, ビンテージ

次に、先ほどいったん置いた3次試験(修了考査)に絡むことなのですが、公認会計士として登録するには実務経験を積んで、さらに修了考査っていう試験にも合格する必要があります。

なので、2次試験まで突破したからそれでOKというわけではなく、そっからまた最低2年の時間がかかります。

昨今は3次試験(修了考査)がクッソ難しくなっているので、この点からも公認会計士として登録するまでのハードルが非常に高くなっているように感じます。

参考までに最近の修了考査はやばいよって記事はこちら。

【公認会計士】最後の砦、修了考査の合格率や勉強法の話【やばいのかな?落ちる人とは?】会計士の修了考査を受験する方は必見の記事になります。この記事では修了考査の勉強法や合格率などを記載しております。実は・・・と言った裏技的なことが書いているわけではないですが、この記事を読めば修了考査の全体像や各科目の勉強の指針がわかるようになると思います。...

ゴールデンウイークがない

ビーチ, 海, パノラマ, 青い海, 地平線, 海景, 熱帯, 熱帯の島, 岸, 海岸, 海岸線

次は、休暇関係です。

会計士はだいたい監査法人に所属して仕事をすることになるかと思いますが、監査法人の繁忙期はだいたい4月〜6月です。

つまり5月のゴールデンウイークは繁忙期真っ只中です。

世間はゴールデンウイークにハワイに行ったりしてますが、監査法人勤務の会計士がゴールデンウイークにハワイにいくことは100%、いや10000%無理です。ハワイどころか国内旅行にも行けません。(その代わり夏休みはいっぱいあるよ)

健康を犠牲にするタイプの労働が必要(残業が多い)

人形図, 数字, 木製の数字, おかしい, かわいい, 雪, 冬, 冷, そりに乗る, クリスマス

次は、結構由々しきデメリットです。

当ブログを投稿している管理人は独立開業とかしておらず、あくまで東京のどっかにある大手監査法人勤務なのでそこからの経験談になりますが、健康を犠牲にするタイプの労働がまあまああるように感じます。

つまり、連日深夜まで働いたり、36協定ギリギリの働き方をしていたり、休日もバンバン働いたり・・・といった感じです。

こういうちょっと無理する働き方は1週間とかだったら大丈夫だけど、それが慢性化すると身も心も滅びるので結構苦しいです。

ちなみに、先ほどのゴールデンウイークがないってことも含めて、監査法人の残業時間とか働き方に関する記事が別でありますのでご参考にどうぞ。

【公認会計士】監査法人での繁忙期の残業時間とか残業代(年収も)がやばいって話【超激務】会計士って普段どんな働き方をしているの?って方は必見の記事になります。この記事では会計士の残業時間とか残業代とかを投稿しております。実は○○だった!という働き方がもしかしたらあるかもしれません、なかったらすみません。この記事を読めば少なくとも会計士の普段の生活の実態がわかるようになると思います。...

株への投資に制限がある

black iphone 7 plus on macbook pro

次は、マネーリテラシー的な話題です。

公認会計士は独立性が求められるので、株式をバンバン買ったり売ったりすることが厳しく制限されています。

まあ、本業の方で頑張ればなんの問題もないのですが、投資信託で年金問題を解決だ!っていう世間の風潮もある中で投資関係が制限されるのは現実です。

人によっては監査の仕事がつまらない

愛らしい, 動物, 美しい, 退屈, 品種, ブラウン, 犬, かわいい, 家畜化された, 目, 顔, 友人

次は毎日の仕事のことになります。

公認会計士は基本は監査の仕事になりますが、この監査の仕事が人によってはつまらないと思うかもしれません。というのも、監査の仕事は超ざっくり言うと、「クライアントが作成した財務諸表をチェックして問題なければOK!」って仕事になります。

もちろんこの中でやりがいを感じる面も多々ありますが、監査という仕事の性質上、お客さんから煙たがられることもありますし、「自分はなんのためにこの仕事をしているのだろう・・・?」って思うこともあるかと思います。

あと、組織によるところもあるかと思いますが、結構内向きな仕事もあるので、このあたりがつまらないな〜と感じる人もいるかと思います。

一生勉強する必要がある

white printer paper with red strap on brown wooden table

これはデメリットなのか若干謎なところがありますが、公認会計士として仕事をしていくには専門知識が必要です。

で、この専門知識ですが、法改正とかで毎年アップデートされるので日々の勉強が必要です。ていうかアップデート以前に会計とか税務とかの知識は実質無限なのでアップデートがないとしても日々勉強が必要です。

お金がかかる

ユーロ, コイン, 通貨, セント, ユーロセント, お金, ファイナンス, 貯蓄, 富, 収入, 予算

こちらもデメリットなのか謎な面がありますが、公認会計士になるには、1次試験(短答式試験)、2次試験(論文式試験)、3次試験(修了考査)・・・とお金がかかります。

予備校代や受験料とかでなんやかんやで100万円くらい(?)人によりますがかかると思います。

あと公認会計士になってからも登録するのに費用がかかるのでずっとお金はかかります。

とはいえ、かけているコスト以上のメリットは確実にあるのでこれはデメリットではないですね。(なぜデメリットに挙げた)

公認会計士のデメリットまとめ

ということで、公認会計士のデメリットで合計8個記載しました。

・そもそも国家試験に合格する必要がある
・特に近年は公認会計士の登録までに割と時間がかかる
・ゴールデンウイークがない
・健康を犠牲にするタイプの労働が必要(残業が多い)
・株への投資に制限がある
・人によっては監査の仕事がつまらない
・一生勉強する必要がある
・お金がかかる

公認会計士を目指そうかな〜って迷っている方は、実際こんなデメリットがあるということで参考になれば幸いです。

デメリットばっか書いたので、近々メリットの記事も書こうと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
「公認会計士はやめとけ」と言われる4つの理由【難易度/就職状況/メリットも解説】公認会計士にチャレンジしてみようかなと迷っている方向けに「公認会計士はやめとけ」というなんとも後ろ向きなタイトルで投稿します。世間一般ではなぜやめとけと言われているのか、管理人が現場の生の意見を踏まえて独自の視点で解説します。...
RELATED POST